仕事のこと

やりたいことを見つけるのにポジショニングマップを使ってみた

  1. HOME >
  2. 仕事のこと >

やりたいことを見つけるのにポジショニングマップを使ってみた

今日は自分のビジネスがどっちの方向に行けばいいか悩んでいるという相談を受けた。

あまり伸ばせていない今のビジネスをどう広げていくべきか、マネタイズが出来るのか出来ないのか。

確かにマネタイズできないとビジネスとしては成り立たない。でも、今の状態はマネタイズが出来ていないからといって焦っているようにしか見えない。

このままだと自分があまり好きではない仕事を、「マネタイズできるから」といって受けてしまいそう。それはあまりにも不幸だ。

数年前に会社員として縛られたくない、もっと自由に働きたいと言って独立したはずなのに、お金のために好きではない仕事をするなら大きな企業にいても変わらないわけで。

もちろん独立したって好きなことばかりで生きていけることは無いと思うが、それでも独立するならまずは「好きなこと、得意なこと」を人に提供できるような仕事をしたほうが幸せだと思うし、自分の熱い思いやビジョンをきちんと人に語れるのではないかと思う。

この熱いビジョンや思いが先行しないと人の心は揺さぶれないし、人の心に響かないとビジネスにはならない。だからマネタイズが1番の目的になってしまっている人は、やはりビジネスが上手くいかない。

得意なものと好きなものを洗い出してみる

「得意なものと好きなものは何?このポジショニングマップを埋めてみて。いままでの経験、やってきたことをいっぱいここに置いていくと、得意でやりたいことが見つかるはずだから」と紙に十字を書いて聞いてみる。

「うーん、私にはここ書けるようなことはそもそもそんなにないかも」

「まあ、みんなはじめはそう言うんだよね。じゃあ、まずはA3の紙に自分が出来ることを羅列してみようか。こうして羅列したあとで上のマップにそれを1つずつ置いていってみよう」

「うーん、書くことそんなにない・・・」

「そういう時は要素分解していこ。1つを深く掘るんじゃなくて、まずは大きいカテゴリ分けから出していこうか。学校の役員、コーチング・・・色々あるよね。」

「で、学校の役員なら、そこでどんなことをしたか?書類作成とか、会議のアレンジやファシリテート、他の親や先生との折衝・・・色々あったでしょ?」

「ああ、あるかも。そういうのでいいなら、あれも、これも・・・」

「それそれ!そうやって考えるといっぱい出てくるでしょ?それをまず羅列して、そのあとでこのマップの上に書いていこう。」

「例えばザッと書くと僕のはこんな感じ」

こうやって書いた上で、少なくとも「めっちゃ得意」か「めっちゃ好き」なことを自分の仕事として選んでいくことが大事じゃないかな。

僕はみんながどんなことをしてきたのかを洗い出すお手伝いは出来ても、それが好きかどうか、得意かどうかは分からないから、そこは手伝えないんだよね。だから、ここは大変でも自分の手で作り上げてみてほしい。

でも、大変な思いをしてでもこれを作り上げると、「自分が世の中に心の底から伝えたかった大好きなこと」が見えてくると思うよ。

0



スポンサーリンク

-仕事のこと

© 2020 おうつま Powered by AFFINGER5